So-net無料ブログ作成

『全てはひとつ』と言うけれど… [新スピリチュアル論]

※応援クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ精神世界



全てはひとつ?.png

『全てはひとつ』とスピ系では、よくいわれています。





でも、抽象的な究極論でなんだかピンとこない、納得しない事ありませんか?





僕は、仕事の帰りに街並みや行き交う人を眺めていると





ああ、みんな同じで出来ているなぁ‥






と、しみじみ感じます。






あなたを含めた、あなたの世界というものは、『あなたの意識、認識』で出来ています。






あなたが存在しなければ、あなたが意識、認識する事が出来なくなれば、あなたの世界も消滅します。






ですので『全部が、同じ意識認識』です。






あなたが今、観ているビルも木も、会話している他人も、あなたの内に生じている思考も感情も『全部が、同じ意識認識』。






『全てはひとつ』というのは、そういう事です。


※スポンサーリンク








ただ便宜上、仕分け、分離してそれそれに違う性質、役割をあなたがそれぞれに与えているだけ






では、その全体を分離させているもの、仕分けしているものの正体はなんなのか?





それが、【エゴの働き】です。





全てが【エゴの働き】という事実を捉えていく。





ただ【エゴに気付く】





日常生活の中で、気付き気付き続ける。




そうしていくと、元々のあなたの姿である全体。つまり【無限で完璧な存在=『愛』】が顕現します。





そして『全てはひとつ』という抽象的な究極論が、当たり前な実感として理解出来ます。

※スポンサーリンク







nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。