So-net無料ブログ作成

与え合えてこそ向かい合える【友達から利用される人へ】 [新スピリチュアル論]

※応援クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ精神世界



人と向かい合う事は大切とよく言われて居ます。


お互いに心を開き、何でも語り合える。解り合える。


他人とそういった関係に成るのが理想とされている方は多いと想われます。


僕は、向かい合う事と与え合う事はほぼ同義と思って居ます。


与え合う関係だからこそ、向かい合えます。


その与え合うものとは、相手にとっての利益、好意、尊敬、感謝などの何らかのメリットです。


与え合える関係というのは、自分が与えるだけでは無く、相手が与える事が出来てこそ初めて成立するものです。


あなたが友達や恋人に一方的に与えている状態がずっと続いているならば、それは『タカリ、タカられる関係」以外の何物でもありません。



「いつか解って貰える」とあなたは想われているかもしれません。


でも、今あなたにタカる人は今後も継続してタカって来ますし、益々調子に乗って来るだけですよ?


そんな人、友達や恋人と言えるんですか?



☆スポンサーリンク








相手が自分に対して与えようとしない。与えられ無い人とは向かい合う事など不可能です


そもそも、全ての人と向かい合う必要なんて果たして有るんですか?

例えばコンビニの店員は、流れ作業でマニュアル通りに事務的にお客様を捌いています。


いちいち向かい合ってなんか、居ませんよね?


こちら側も別に失礼とも何とも思いません。


関わり合う全ての人と向かい合うなんて出来ませんし不可能です。


相手が何も与えないのであれば関係を断ち切ればいいだけですし、職場や学校等、同じコミュニティーで頻繁に顔を合わせるのであれば、それこそコンビニの店員みたいに事務的に接する。もう何も与えずに。


あなたは、自分に利益、尊敬、好意を与えてくれる人とだけ、与え合える関係になり向かい合えば良いです。


【エゴに気付き】エゴから自由になる事であなたは与え合える理想的な人間関係を構築出来ます。





☆スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。